Imaginary Dive!!

複素数, 研究, 科学について

複素数基礎

複素指数関数の定義を考え、オイラーの公式を導出 (証明)する

投稿日:2020年5月30日 更新日:

オイラーの公式の導出 (証明)をやります.

$$ e^{i \theta} = \cos{\theta} + i \sin{\theta} $$

オイラーの公式について理解するため, 「指数関数とは何か」というところから始めましょう.

指数, 三角関数の定義

中学高校では, 「\( e^x \) とは, \( e \) を \( x \) 回掛ける関数」だと習いました.

もちろんこれは間違いではないのですが, 指数関数の一部を表しているに過ぎません. また, これでは「指数関数の複素数乗」というものを考えることができません.

そこで, 複素数を扱えるように, 指数関数を再定義していきます.

指数関数

指数関数を以下のように定義します.

$$ e^x = \sum_{n=0}^{\infty} \frac{x^n}{n!} = 1 + x + \frac{x^2}{2!} + \frac{x^3}{3!} + \frac{x^4}{4!} + \cdots $$

この定義にはマクローリン展開が使われています. このように指数関数を定義すると, 指数関数は単なる多項式の無限級数和になります.

もちろん, 歴史的に, 最初からこの定義があったわけではありません. 指数関数が既に存在している世界で, 「指数関数って何だろう」と考えた人がマクローリン展開を使って, 指数関数を定義し直しました.

上記の定義においても, 当たり前ですが, 関数として出力される値は変わりません.

試しに \( x=0 \) を代入すれば,

$$ e^0 = 1 $$

となりますし, 微分してみると,

$$ ( e^x )’ = 0 + 1 + \frac{2x}{2!} + \frac{3x^2}{3!} + \cdots = e^x $$

となっており, 私たちの良く知る指数関数と同じものであることが分かります.

三角関数

続いて三角関数の定義についても考えます.

三角関数は「直角三角形の鋭角の角度を変数とし, 2辺の比を返り値とする関数」で, これが定義でした.

しかし, この定義は幾何学を土台とするものであり, 三角関数を関数として考え, 他の関数との関係を考える上では使いづらいので, こちらも定義を改めましょう.

$$ \cos{x} = \sum_{n=0}^{\infty} \frac{(-1)^n}{(2n)!} x^{2n} = 1 – \frac{x^2}{2!} + \frac{x^4}{4!} + \cdots $$

$$ \sin{x} = \sum_{n=0}^{\infty} \frac{(-1)^n}{(2n+1)!} x^{2n+1} = \frac{x}{1!} – \frac{x^3}{3!} + \frac{x^5}{5!} + \cdots $$

指数関数の定義と同じく, こちらも三角関数をマクローリン展開したものです. これを三角関数の新たな定義とします.

この定義を使えば, 幾何学に依存することなく, ただのべき級数の和として三角関数を考えることができます.

複素関数への拡張

上で定義した指数関数, 三角関数はあくまで実数での使用を前提とした実数関数です. この実数関数を複素数を入れて使える複素関数へと拡張します.

指数関数や三角関数を複素指数関数や複素三角関数にすることは簡単で, 上述した指数・三角関数の定義における実数 \( x \) を複素数 \( z \) に置き換えるだけです.

$$ e^\dot{z} = \sum_{n=0}^{\infty} \frac{\dot{z}^n}{n!} = 1 + \dot{z} + \frac{\dot{z}^2}{2!} + \frac{\dot{z}^3}{3!} + \frac{\dot{z}^4}{4!} + \cdots $$

$$ \cos{\dot{z}} = \sum_{n=0}^{\infty} \frac{(-1)^n}{(2n)!} \dot{z}^{2n} = 1 – \frac{\dot{z}^2}{2!} + \frac{\dot{z}^4}{4!} + \cdots $$

$$ \sin{\dot{z}} = \sum_{n=0}^{\infty} \frac{(-1)^n}{(2n+1)!} \dot{z}^{2n+1} = \frac{\dot{z}}{1!} – \frac{\dot{z}^3}{3!} + \frac{\dot{z}^5}{5!} + \cdots $$

複素数の冪乗は計算できますので, 上記の式はすべて計算できます.

これで指数関数, 三角関数を複素数へと拡張することができました.

オイラーの公式の導出

上記, 複素指数関数について, 特に, \( z \) が純虚数であり, \( ix \) ( \( x \) は実数)と表されるとき, 以下のようになります.

$$ e^{ix} = \sum_{n=0}^{\infty} \frac{i^n}{n!} x^n = 1 + ix – \frac{x^2}{2!} -i \frac{x^3}{3!} + \frac{x^4}{4!} + \cdots $$

実部と虚部に分けて整理すると,

\begin{eqnarray} e^{i x} &=& \sum_{n=0}^{\infty} \frac{i^n}{n!} x ^n \\ &=& \sum_{n=0}^{\infty} \frac{i^{2n}}{(2n)!} x ^{2n} + \sum_{n=0}^{\infty} \frac{i^{2n+1}}{(2n+1)!} x ^{2n+1} \\ &=& \sum_{n=0}^{\infty} \frac{(-1)^{n}}{(2n)!} x ^{2n} +i \sum_{n=0}^{\infty} \frac{(-1)^{n}}{(2n+1)!} x ^{2n+1} \end{eqnarray}

となります. 三角関数の定義と比較すると,

$$ e^{i x} = \cos{x} + i \sin{x} $$

が得られ, オイラーの公式が示されました.

まとめ

\( i \) の2乗でマイナスが現れ, cos と sin で過不足なく, ぴったり一致するところが芸術的です.

\( e^\dot{z} \) を 「\( e \) を \( \dot{z} \) 回掛けた関数」という考えから脱却し, 「\( e^{\dot{z}} \) をマクローリン展開した形こそが, 複素指数関数の定義だ」と考えることからすべての問題は氷解します.

-複素数基礎
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

複素数の極形式と回転

実空間における座標の表し方には, 直交座標表示と極座標表示がありますが, 複素数も, 直交座標で表す方法と極座標で表す方法があります. 複素数を極座標っぽく表すことを極形式と言い, 複素平面上の点の回 …

オイラーの公式とは何か?オイラーの公式と歴史について

「すべての数学のなかで最も素晴らしい公式」と称される「オイラーの公式」の歴史について解説します. オイラーの公式とは? オイラーの公式とは複素数についての以下の等式を指します. $$ e^{i \th …

分母に複素変数の2乗を持つ複素関数の積分

電気回路や, 信号解析をやっていると急に複素数の知識を求められることがあります. 本記事では, 分母に複素数の 2乗が現れる以下のような複素積分を解説します. $$ \int_{u}^{v} \fra …

複素形式のフーリエ級数展開とは何か

フーリエ級数展開の式 $$ f(x) \sim \frac{a_0}{2} + \sum_{m=1}^{\infty} a_m \cos{mx} + b_m \sin{mx} $$ は, 三角関数の多 …

フーリエ逆変換とフーリエ変換の諸性質

本稿では, フーリエ逆変換やフーリエ変換の便利な性質について解説します. 前回の復習 → フーリエ逆変換 → フーリエ変換の諸性質 (公式) という順でやっていきましょう. フーリエ変換(復習) フー …