Imaginary Dive!!

複素数, 研究, 科学について

複素数基礎

複素平面と複素数の基本性質 ~複素平面による複素数の可視化~

投稿日:2020年5月8日 更新日:

複素数の使い方を忘れてしまったすべての大人達に贈る「複素数の基本性質」です. 複素数初学者も大歓迎. ここでは複素平面, 複素共役と絶対値について話していきます.

複素平面

複素平面とは, 複素数の実部を横軸, 虚部を縦軸に取り, 平面座標上に複素数を記述する幾何表現です.

こういうのは図で見るのが一番分かりやすいです. 下図をご覧ください.

図1 \( 3+4i \) の複素平面表示

\( 3+4i \) という複素数は複素平面上で上図のように表されます. \(3+4i \) の実部は \( 3 \), 虚部は \( 4 \) です. この \( (3, 4) \) という組み合わせをxy座標上の点 \( (x, y) =(3, 4) \) と対応させます.

複素平面, という呼び方とは別に, 複素数平面, ガウス平面という呼び方もあります. 全部同じ意味です.

軸にも名前が付けられています. 横軸は「実軸」, 縦軸は「虚軸」です. 実軸上の点は虚部がゼロになっているため, すべて実数となり, 虚軸上の点は実部がゼロになっているため, すべて純虚数になります.

図2 実軸上の点は実数, 虚軸上の点は純虚数

複素平面を考えることで, 以後の複素数に関する諸々を格段に考えやすくなりますし, 複素数や実数, 純虚数との関係が分かりやすくなります. 何より, イメージしにくい複素数を2次元平面上に視覚化することができるようになりました.

複素共役

続いて, 複素共役について解説します.

\( \dot{z}=a+bi \) ( \( a, b \) は実数)という複素数を考えまして, この複素数の虚部にのみ \( (-1) \) を掛けた数, つまり

$$ \overline{ \dot{z} } =a-bi $$

を \( \dot{z} \) の「複素共役」と呼びます. 読み方は「ふくそきょうやく」です.

中学校で, 「分母の有理化」というものを習ったと思いますが, 複素共役はこれに似ています.


\( \frac{1}{ a+ \sqrt{b} } \) ( \( a \) は有理数 \( , b \) は正の有理数) の分母を有理化するためには, \( \frac{1}{ a- \sqrt{b} } \) を掛ければ良いのでした.

$$ \frac{1}{ a+ \sqrt{b} } \times \frac{1}{ a- \sqrt{b} } = \frac{1}{ a^2 – b } $$

同じように, \( (a+b)(a-b) = a^2 -b^2 \) の公式を活用し, \( \overline{ \dot{z} } =a-bi \) という数を \( \dot{z} \) に掛けると, 目出度く虚数単位を消去することができます.

\begin{eqnarray} \dot{z} \times \overline{ \dot{z} } &=& (a+bi)(a-bi) \ &=& a^2 -b^2 \times i^2\ &=& a^2 +b^2 \end{eqnarray}

複素数の絶対値

複素数には, 実数に当然あるべきものがありません.

それは「大きさ」です. 複素数では数の大小を議論することができません.

ただし, 実数の絶対値という概念を拡張し, 複素数に適用することは可能で, 複素数 \( \dot{z} =a+bi \) の絶対値は以下のように定義されます.

$$ | \dot{z} | = \sqrt{a^2 + b^2}$$

実部と虚部をそれぞれ 2乗して足し, ルートを取ったものが, 複素数の絶対値です. 複素数の大小を比較することはできませんが, 複素数の絶対値ならば大小を比較することができます. 複素数の絶対値は複素平面上での原点からの距離に対応します.

また, \( a^2 +b^2 \) は \( \dot{z} \cdot \overline{ \dot{z} } \) でもあるので, 複素数の絶対値を以下のように表すこともできます.

$$ | \dot{z} | = \sqrt{ \dot{z} \cdot \overline{ \dot{z} }}$$

絶対値は複素数を扱う上で, よく出てきます.

まとめ

複素平面, 複素共役, 複素数の絶対値について解説しました.

-複素数基礎
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

フーリエ変換とは何か?指数関数型のフーリエ積分とフーリエ変換の定義

この記事では, フーリエ変換とは何なのか, について語ります. フーリエ級数展開, オイラーの公式, 級数( \( \sum \) )→ 積分( \( \int \) )の変換, フーリエ積分など, …

複素形式のフーリエ級数展開とは何か

フーリエ級数展開の式 $$ f(x) \sim \frac{a_0}{2} + \sum_{m=1}^{\infty} a_m \cos{mx} + b_m \sin{mx} $$ は, 三角関数の多 …

分母に複素変数の2乗を持つ複素関数の積分

電気回路や, 信号解析をやっていると急に複素数の知識を求められることがあります. 本記事では, 分母に複素数の 2乗が現れる以下のような複素積分を解説します. $$ \int_{u}^{v} \fra …

複素数, 虚数とは何か?複素数の歴史、虚数単位、複素数の分類

複素数 , 虚数とは? 高等学校で学ぶのは複素数の初歩のみ. これが何の役に立つのか, を高校で学ぶことはありません. 本サイトでは複素数の活用法, 何に利用されるのか, といったあたりに焦点を当てて …

オイラーの公式とは何か?オイラーの公式と歴史について

「すべての数学のなかで最も素晴らしい公式」と称される「オイラーの公式」の歴史について解説します. オイラーの公式とは? オイラーの公式とは複素数についての以下の等式を指します. $$ e^{i \th …