Imaginary Dive!!

複素数, 研究, 科学について

複素数のための数学

テイラー展開, マクローリン展開とは何か?

投稿日:2020年5月14日 更新日:

マクローリン展開は様々な関数を「 $ x^n $ ( $n \geqq $ 0 の整数) の線形和」に変形する便利な数学的操作です.

$\sin{(x)}$ などの三角関数や $ e^x $ などの指数関数を単純な累乗の項からなる多項式に変換するため, 複雑な式を近似して計算を容易にします.

マクローリン展開の応用は近似だけではありません. 複素数における最重要公式 「オイラーの公式」を導くためにも使われます.

本稿ではマクローリン展開とは何か, という話をした後, マクローリン展開はどういった関数に適用できるのか, について話していきます.

マクローリン展開とは何か?

マクローリン展開とは, ある関数を $ x^n $ からなる多項式に変形する操作を指します.

マクローリン展開

$$f(x)= \sum_{n=0}^{\infty} \frac{f^{(n)} (0)}{n!} x^n $$

$ f $ の右上についている $ ^{(n)} $ は「$ n $ 回微分しました」という意味です.

例として, マクローリン展開した指数関数や対数関数を以下に示します.

\begin{eqnarray} 指数関数 \; &:& \; e^x = \sum_{n=0}^{\infty} \frac{x^n}{n!} \\ 対数関数 \; &:& \; \log{(1+x)} = \sum_{n=1}^{\infty} \frac{(-1)^{n+1}}{n} x^n \end{eqnarray}

コンピュータにとって $ e^x $ や log(1+x) の計算は苦手とするところですが, 累乗の項の多項式で扱うことができれば計算が楽になります. コンピュータはマクローリン展開を使って指数関数を近似し, 計算を行っているのです.

マクローリン展開はテイラー展開の一部であり, 特殊な形です.

テイラー展開

$$f(x)= \sum_{n=0}^{\infty} \frac{f^{(n)} (a)}{n!} (x-a)^n $$

テイラー展開はマクローリン展開の一般形で, $ x=a $ を中心に展開をします. $ x= $ 0 を中心に展開をしたものがマクローリン展開です.

テイラー展開可能である条件

テイラー展開, マクローリン展開は複雑な関数を累乗の多項式として表せて大変便利. 適用可能な範囲が非常に広い (所感) のですが, いつでも使えるわけではありません. 以下では, マクローリン展開とテイラー展開の適用範囲について考えていきます.

マクローリン展開はテイラー展開の特殊形なので, 考えるべきはテイラー展開です.

有限項でテイラー展開を止めた場合の関係式を「テイラーの定理」と呼び, 以下のように表されます.

テイラーの定理 (有限項のテイラー展開)

\begin{eqnarray} f(x) &:& (a, b) \rm{ で } \it{n} \; \rm{階微分可能} \\ \rightarrow f(b) &=& \sum_{k=0}^{n-1} \frac{f^{(k)} (a)}{k!} (b-a)^{k} + \frac{f^{(n)} (c)}{n!} (b-a)^{n} \end{eqnarray}
を満たす $ a < c < b $ が存在する.

ここで,
\begin{eqnarray} S_n (x) = \sum_{k=0}^{n-1} \frac{f^{(k)} (a)}{k!} (b-a)^{k}, \;\; R_n (x) = \frac{f^{(n)} (c)}{n!} (b-a)^{n} \end{eqnarray}
として, $ S_n (x) $ をテイラー展開の $ n $次の主要項, $ R_n (x) $ を剰余項という.

テイラーの定理が成り立つことを証明し, この定理が $ n \rightarrow \infty $ においても成り立つ条件さえ分かれば, テイラー展開がどのような条件下において適用可能であるのか分かります. 順番にやっていきます.

有限項で止めた場合 (テイラーの定理)の証明

テイラーの定理の証明には「コーシーの平均値の定理」を用います. コーシーの平均値の定理を忘れた方はこちらをご覧ください.

では, 証明をします.

———————————————-

テイラーの定理の証明

\begin{eqnarray} F(x) &=& f(x) – \sum_{k=0}^{n-1} \frac{f^{(k)} (a)}{k!} (x-a)^{k} \\ \rm{ } \\ &\rm{ }& ( f(x): \left( \it{ a } , \it{ b } \right) で \it{ n } \; \rm{階微分可能} ) \\ \rm{ } \\ G(x) &=& (x-a)^n \end{eqnarray}

とおくと,

\begin{eqnarray} F(a)=F'(a)=F”(a)= \cdots = F^{(n-1)} (a) = 0, \; F^{(n)} (a)=f(a) \end{eqnarray}

\begin{eqnarray} G(a)=G'(a)=G”(a)= \cdots = G^{(n-1)} (a) = 0, \; G^{(n)} (a)=n! \end{eqnarray}

コーシーの平均値の定理より,

$$ \frac{F(b)-F(a)}{G(b)-G(a)} = \frac{F'(c_1)}{G'(c_1)} \;\;\; \cdots (1) $$

を満たす $ c_1 $ が $ a $ と $ b $ の間に存在する.

$ F'(a) = G'(a) = $ 0 であることから, (1)式の右辺をコーシーの平均値の定理を用いて書き直すと,

$$ \frac{F'(c_1)}{G'(c_1)} = \frac{F'(c_1)-F'(a)}{G'(c_1)-G'(a)} = \frac{F”(c_2)}{G”(c_2)} \;\;\; \cdots (2) $$

を満たす $ c_2 $ が $ a $ と $ c_2 $ の間に存在することが分かる.

$ k \leqq n-1 $ において, $ F^{(k)} (a) = G^{(k)} (a) = $ 0 であるため, 上記 (1), (2)式と同様に,

$$ \frac{F^{(k)} (c_\rm{k})}{G^{(k)} (c_k )} = \frac{F^{(k)} (c_k ) -F^{(k)} (a)}{G^{(k)} (c_k ) -G^{(k)} (a)} = \frac{F^{(k+1)} (c_{k + 1})}{G^{(k+1)} (c_{k + 1})} \;\;\; \cdots (3) $$

を満たす $ c_{k+1} $ が $ a $ と $ c_k $ の間に存在する.

(3)式より, 帰納的に

$$ \frac{F(b)-F(a)}{G(b)-G(a)} = \frac{F^{(n)} (c_n )}{G^{(n)} (c_n )} \;\;\; \cdots (4) $$

を満たす $ c_n $ が $ a $ と $ b $ の間に存在する. (4)式の両辺を具体的に書き表し, 整理すると,

\begin{eqnarray} \frac{F(b)}{(b-a)^{(n)}} &=& \frac{f^{(n)} (c_n )}{n!} \\ \rm{ } \\ f(b) – \sum_{k=0}^{n-1} \frac{f^{(k)} (a)}{k!} (b-a)^{k} &=& \frac{f^{(n)} (c_n )}{n!} (b-a)^{(n)} \\ \rm{ } \\ f(b) &=& \sum_{k=0}^{n-1} \frac{f^{(k)} (a)}{k!} (b-a)^{k} + \frac{f^{(n)} (c_n )}{n!} (b-a)^{(n)} \end{eqnarray}

となり, テイラーの定理が得られる.

$ n \rightarrow \infty $ においてテイラーの定理が成り立つ条件

無事テイラーの定理を証明できました.

ここで, 剰余項 $ R_n $ が $ n \rightarrow \infty $ でゼロになるならば, 以下のようにテイラー展開の式を導出できます.

\begin{eqnarray} \lim_{n \to \infty} f(x) &=& \lim_{n \to \infty} S_n (x) + \lim_{n \to \infty} R_n (x) \\ f(x) &=& \lim_{n \to \infty} S_n (x) \\ &=& \sum_{n=0}^{\infty} \frac{f^{(n)} (a)}{n!} (x-a)^n \end{eqnarray}

以上をまとめると, テイラー展開が可能である条件は,「テイラーの定理が成立し」,「剰余項の極限値がゼロ」となることです.

テイラー展開可能である条件

\begin{eqnarray} &\rm{(1)}& \; a \in I について f(x) が a 近傍で \infty 階微分可能 \\ \\ &\rm{(2)}& \lim_{n \to \infty} R_n = \lim_{n \to \infty} \frac{f^{(n)} (c)}{n!} (x-a)^{n} =0 \;\; (c は x と a の間の数) \end{eqnarray}

もちろん上記条件が成立しない場合もありますし, 上記条件を満たして形式的にはテイラー展開が可能であっても, 元の関数を表さない, という場合もあります.

テイラー展開には例外があるわけです. そのあたりのことについては機会があれば触れてみたいと思います.

まとめ

テイラー展開, マクローリン展開は応用上便利な数学的操作ですが, ちゃんと数学をやると色々と面倒ですね.

しかし知っておくと便利です. こんなご時世ですし, 証明は忘れたら調べればよいのですが, 一度やってみると詳しくなれる, というのも事実.

証明ができる, ということだけでも伝われば重畳でございます.

-複素数のための数学
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フーリエ級数展開とは何か? (マクローリン展開とのアナロジーでざっくり解説)

フーリエ級数展開の主な使い方は熱伝導方程式や波動方程式など, 偏微分方程式の解を求めることですが, その考え方はフーリエ変換にも使われ, 幅広く応用される概念であります. そんな重要な概念のフーリエ級 …

フーリエ級数展開が自身と一致することの証明:ジョルダン・ルベーグの定理

フーリエ級数展開は (私の意見としまして), その概念を理解すれば十分に応用が可能です. 係数の求め方はネットに載っていますので, 忘れたときにはお手持ちの端末で検索すれば見つけられますし, 証明を知 …

コーシーの平均値の定理を視覚的に理解する

オイラーの公式を証明したり, 関数の近似値を計算するときに便利なマクローリン展開という操作があります. 今回はマクローリン展開を扱うための下準備として「コーシーの平均値の定理」をやっていきます. コー …

非周期関数と周期2πでない周期関数のフーリエ級数展開

フーリエ級数展開できる関数には条件がありました. その条件というのが「周期 2$ \pi $ の周期関数であること」でした. しかし, とある特別な操作によって, この制約を取り払い, 疑似的に「非周 …

フーリエ変換まであと一歩!フーリエの積分公式

フーリエ級数展開は $ a_0 \; /2 + a_1 \cdot \cos{x} + a_2 \cdot \cos{2x} + $ . . . と離散的な数値の無限和(級数)で とある周期関数を表し …